子供たちの将来

学校の同じクラスに、原田竜一郎君がいます。それまでは、全く接点がなかったのですが、あることをきっかけにして、彼とは仲良くなったのです。それは、同じエッセイが好きだったからです。まったく存在を知らなかったのに、エッセイのことを話し始めてからは友人になりました。私は他には友人が少ないので、彼と友人になったのは珍しいことです。初め、私が好きな作家の本を彼が読んでいたので、彼のことが気になったのです。

 

マイナーな作家にお互い惹かれた
その作家はメジャーではないので、多くの子は読まない作家でした。その本を彼が教室で読んでいましたので、もしかしたら、同じ好みがあるのではないかと感じました。それ以来、私は何となく彼のことが身近に思えてきました。同じ本の好みがあると分かったら、その人は自分に近いとかいい人なのでないかと感じるものです。私は彼は自分と仲良くできるのではないかと気になっています。彼も私が同じエッセイを好きなことに気がついたみたいで、たまに話をします。元々、2人共そんなに口数は多くないので、たくさん話もしないので、周辺は特に私たちの関係には気がついていません。地味な関係です。

 

興味があるのは、なんで彼はあまり有名ではない、この作家の本が好きになったのかということです。有名な作家のエッセイだったら、そこら中の人が読んでいますから手にする機会もあるかもしれません。この作家は有名ではないから、よほどのきっかけがなかったら、わざわざ読む気にはならない人が大半だと思うからです。原田竜一郎君が何でこの作家の本を読む気になったのか、その辺の詳しい事情は聞いてみたい気持ちになっています。

 

できたら、他の作家の話とか聞いてもらいたいことはたくさんあるのですが、クラスの中にはいろいろな子がいますから、おおっぴらに話をすることはできません。その辺が少し悔しいです。まだ1年間は原田君とは同じクラスにいますから、彼とは楽しく話をしていかれたらいいと期待をしています。私も気が弱くて友人もたくさんいないので、一気に彼との友情を深めていくのは難しいです。

 

同じエッセイが好きな人だったら、話のきっかけはつかめたと考えています。私はいろいろと好きな本はあるのですが、原田竜一郎君は他には好きな本はないのでしょうか?本が好きだったら、その他にも気になる本はあると思うので、本についていろいろな会話をしたくなってきます。何冊か、おすすめの本を教えてもらえたら嬉しいです。

 

日本語へのこだわりが強い原田氏
日本語は世界中の言葉の中でも、最も難しい言語であるといわれています。私は美しいので日本語が大好きです。日本語について研究したいと考えています。今高校生なのですが。将来は大学に行って日本文学を学んでみたいのです。私の友人の原田竜一郎君も男の子にしては珍しく日本語が好きな男の子です。彼も一生懸命になって勉強をして本を読んでいます。高校生では英文科とかが人気になっているので、日本文学が好きな子はあまりいません。私も彼も日本語が好きで大事に考えています。

 

私たちはエッセイをよく読んでいます。小説もいい物ですが、エッセイの方が日本語の美しさが分かると思うからです。2人で今どんなエッセイが楽しいとかおもしろいなどの会話もしているのです。私は原田君の話を聞いていたら、参考になって役に立つことがたくさんあるので、これからも彼と話をしながらさまざまなものを読んでいきたいです。

 

私も彼も入学したい学校はあるのですが、そこはレベルが高いので簡単には入学できません。成績が良くなるように、まじめに勉強をしていかなくてはならないでしょう。国語だったら勉強をする気にもなるのですが、大学受験には国語以外にも学ばなくてはならないものがあるので、その辺は難しいなと考えています。原田君は頭がいいので、私よりも成績もいいかもしれません。難しい大学にも合格できるかもしれません。

 

原田君が男性ではなくて女性だったら、もう少したくさん話もできたでしょう。そうしたら、親友にもなれたかもしれません。原田君は男性だから、話しかけるのに勇気が必要になってしまいます。原田君はこれまでに、どんなエッセイを読んできたのでしょうか?たぶん、私の読んできた以上にたくさんエッセイを読んできたことが考えられます。

 

原田君のように私は頭がよくないので、彼と同じ大学に入学することはできません。もしも高校を卒業したら、原田君とは同じ大学に通うことはできなくなってしまうと思うのです。せっかく似たような好みを持った友人になれてもそのまま離れ離れになってしまうでしょうから残念な気持ちになってきます。
勇気を出して将来のことを聞くこともできないし、エッセイの話を盛り上げることも難しいです。他の子はどんな方法で、仲がいい友人を作っているのかが気になってきます。積極的な子だったら難なくできることでも、自分には荷が重いこともあるものです。人間関係は複雑で難しいものです。

 

感受性を豊かにするエッセイ
学校の中で1番頭がいいのは、原田竜一郎君です。他のクラスを総合してももっとも頭がいい男性です。とにかく、すべての科目で成績がいいので、彼の頭の中はどんな感じになっているのかと思ってしまうほどです。原田君は学校にいたら、みんなが知っている有名人になっています。

 

原田君は頭がよくなるために、子供の時からたくさんの小説を読んできたらしいです。小説を読んでいたら、頭をよくすることができるのでしょう。昔から、頭がよくなりたかったら本を読みなさいというのはよく言われています。原田君はお母さんが子供の時からの英才教育で、たくさんの本を読ませてきたそうです。エッセイは感受性が豊かになるから読ませてきましたので、学校の中でも誰もが知っている有名人になれて頭がよくなったのかもしれません。

 

私はこの話を聞いたら、今からでも小説を読んだら頭がよくなるのかと思うのです。今までは、きっかけがなかったので小説も読む機会が少なく感じました。これからは、原田君のように頭がよくなるように小説も読んでみたいです。

 

原田君はどんな大人になるのかな?いい大学に入学をして、活躍してほしいです。できたら、原田君に今までに、どんな小説を読んでいるのかを聞いてみたいのですが、友人でもないし接点もないので、彼と話をすることはできません。私の友人では小説を読んでいる子は少ないので、いい情報も聞くことができません。ダントツで頭のいい原田君と話をしてみたいのですが、うまくいかないものです。

 

子供の時から習い事をしたら、幼児教育で頭がよくなるといわれていますが、そういったものは効果があるのでしょうか?私はもしも子どもが生まれたら、自由な子になって、伸び伸びと育ってほしいのです。原田君のお母さんのように、幼い時からエッセイを読ませたりはしないかもしれません。自分が実際に親になったら、どんなことをしても子どもは頭がよくなったらいいと願って、英才教育もしてしまうかもしれません。

 

とにかく、学校でも有名な原田君が読んでいる本やエッセイの内容が知りたいです。同じ本を読んだら、私の頭もよくなるように感じてきますもともとの頭の構造が違っているのです、私が努力をしても原田君のように頭がよくなることは簡単ではなくて、難しい事なのでしょうか?さまざまな疑問があるので、原田君に話を聞いてみたい気持ちでいっぱいになっています。原田君が女の子だったら気軽に話もできました。

私は1年前に主人と結婚しました。周りは20代で結婚する友人が多かったのですが、特に気にしていません。しかし、主人が5歳下で若いので、やっぱり出来るだけ美容には気を使うようにしています。

 

勿論、一人で行うには年齢的な問題もあって難しいので、エステサロンに通っています。そこで、私の通っているハートアンドビューティの魅力はたくさんあるのですが、その中でもたくさんの種類の中から自分で好きにコースを組み合わせる事の出来るオーダーメイドは、非常に便利です。

 

例えば、私は基本的にフェイシャルコースに通っているのですが、冷えがひどいのでボディケアの方のウォーミングメニューをお願いする事もあります。また、セルライトが気になった時にはセルライト用のメニューを受けた事もあります。

 

つまり、その時の自分の悩みに合わせてメニューを組み合わせる事が出来るのです。まず、ただ痩せたいと考えているのではなくて、基本的にウエストが気になっている、特に二の腕が気になっているとパーツごとに悩んでいる方が多いです。

 

フェイシャルでも、くすみに悩んでいる方、シミに悩んでいる方、ニキビに悩んでいる方とそれぞれ合ったコースが違いますよね。勿論、体質によっても効果の出やすいコースも変わってきます。

 

そんな時に、本当に1つのコースだけで良いのかと考えると少々疑問を感じてしまうのです。実際、私の場合は肌のくすみの他に、今の肌の調子をセーブする為に通っているのですが、シミが出てきてしまったり、なんだかシワのような物が見える…という時には、それぞれ対応したメニューやコースを選ぶようにしています。

 

自分に合った物が選べるからこそより効果が出やすくなるんですよね。このオーダメイド制のエステというのは、そこまで珍しいものではなかったのですが、基本的に料金が高めのサロンで取り扱われていました。しかし、ハートアンドビューティのような格安のサロンで行うというのはまさに革新的な事なのです。

コーチングが急速に注目を集めています。書店でもコーチングに関する本がたくさん並ぶようになりました。コーチングとは元来、人材開発のための技法のひとつでした。コーチとは馬車のことで、馬車が人を目的地に運ぶところから、転じて「コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」という意味で使われるようになりました。

 

コーチングとは人を育てるための方法であり、その意味では教育の同義語です。ただし、一般的に考えられている「教える」という教育方法とは異なるのがコーチングの考え方です。

 

コーチングの基本的な考え方として「モチベーションの大切さ」があります。モチベーションがなければ、学習の効果があがりません。自分から進んで学び、問題を解決できるようにコーチングしなくてはならない、というものです。
次に、「観察」です。個人の能力を伸ばしていくためには、各個人の能力や特徴をよく観察し、分析したうえでふさわしい課題を与えていくことが大切である、とされています。

 

また、コーチングを受ける生徒が、自らよく「考えて」問題を解決できるような力をつけなくてはならない、としています。つまり、「考える力」を身につけさせるのがコーチングの目的ともいえます。

 

コーチングの手法を取り入れた教育は、スポーツ界で多く取り入れられており、幼稚園や学生、会社の新入社員から管理職や役員に至るまで様々な場所でもコーチングの大切さが認識されています。

薄毛で悩んでいる人は世の中にたくさんいます。特に日本ではそうです。これは日本人に薄毛が多いという意味ではありません。数で言えば欧米のほうが若くても薄毛の人が多いかもしれませんね。今日はこちらのおすすめの育毛シャンプー講座|男性用の市販ランキングというサイトを元に詳しく書いてみたいと思います。

 

しかしこれは仕方がないことですが、外人さんだと髪があまり無かったりスキンヘッドでもかなり様になっていて格好良いという感じがするのですが、アジア人で薄毛だとどうしても寂しいルックスになってしまうものです。

 

実際かなり若くして、場合によっては十代のうちから薄毛に悩む男性はいるものです。そんな男性陣が寄り集まると大体話題に登るのが育毛シャンプーの話しです。そもそも育毛シャンプーとは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

そうなのです。時々誤解されやすいのですが、育毛シャンプーは育毛剤とは違います。育毛剤の役割を毎日のシャンプーが代わりにやってくれるという類のものではないのです。でも育毛シャンプーとはどのようなもののことでしょうか。簡単に言えば「育毛に適した頭皮を整えるためのシャンプー」のことです。私たちの頭皮は日々たくさんの刺激を受け、汚れを蓄積しています。

 

脂分もそうですし、紫外線などの刺激で頭皮は汚れたり傷ついたりしてゆきます。そのようにダメージを受けている頭皮をきれいにし、発毛しやすい清潔な環境を作ることを目的としているのが育毛シャンプーです。まずは下地をきれいにしてあげることが大事というのは、どんなものでも共通なのですね。

なよなよして、色々なものを決められない人がいたらお勧めしたい石がある。パワーストーンとしては知名度は一般的にはないのかもしれないが、セレナイトと呼ばれる石で、無色透明な石膏を指して言われる自然石だ。専門店のマルラニハワイで探してみませんか?

 

無色透明なイメージからか、落ちついた判断ができる効果があり、洞察力が優れるという効果もあるらしい。光の当たり具合によっては白っぽくも見えるが通常の石膏と区別してあるのでセレナイトと呼ばれる場合は特殊な石膏であると覚えておこう。

 

その色味や古来から効果があったと言われるところで有名なのが、歯や骨に対するヒーリング効果があるとされている。色々な波長が出ていたりするので、一般的な効果として医学的に認められるものではないが昔から効果が非常に高いと言われているのが背骨に対する矯正らしい。

 

恐るべしセレナイト。名前の由来がかっこよくて、ギリシャ語で月を意味している単語もしくは月の女神であるセレーネから引用されているようだ。世界中で見つかる石なので、そんなに希少性はないかもしれないがめずらしいものではデザートローズと呼ばれる見た目がバラにも見えるセレナイトがある。霊的な扱いでも重宝されているパワーストーンであり、タイムマシンのように自分の過去や未来につながる力があり、セレナイトを持って瞑想をすれば新しいチャクラが開くという伝説があるようだ。

 

見た目にもクリアで人気の高そうなセレナイトを今度見つけてみようと思う。

管理人 土井 恒彦
メールアドレス info@almorwines.com
ユーザーの方へ メールにはご返信先をお書きください。

私たちの国、日本では、義務教育というと法律上、小学校から中学校、6〜12歳の6年間と12〜15歳の3年間のあわせて9年間を指します。それでも、現実的には、日本国民の多くが高等学校まで進学しています。つまり、実質的に6〜18歳まで教育を受けることが日本では多くみられます。

 

法律上の義務教育のみ、つまり中学校教育まで終了している場合、大学受験を考える場合、受験に先立って、「大学修学能力評価試験(統一試験)」を受験する必要があります。

 

ここでお隣の国、韓国の教育システムについてみてみましょう。韓国の受験競争の大変さ、激しさはテレビや新聞などでよく知られていますが、韓国では「6−3−3−4制」の法律上、次のような学制システムがとられています。すなわち、小学校(6年)・中学校(3年)・高等学校(3年)・大学校(4年)または専門大2〜3年の体制です。なお、大学校では修士課程(2〜3年)、の博士課程(2〜3年)が開設されています。

 

1991年に地方教育に関する法律が制定されて以来、韓国では、韓国国民であれば、どんな人でも、それぞれの能力に応じて自由に受験ができ、中央政府の方針に基本的に従いながらも、それぞれの地方自治体や学校にあわせたオーダーメード的な細かい指針・目標、単位取得方法を決定できるようになっています。

 

これにより、韓国国民は、教育機会の均等が保障され、質においても一定な教育を受ける権利を得ることができるようになりました。

ここ数年、フィンランドの教育制度に注目が集まっています。その理由は、国際的な学力テストでフィンランドの子供たちには世界トップレベルの学力があることが証明されたからです。

 

フィンランドの教育制度で目標とされている7つの点は、「情報社会」「数学と自然科学」「言語や国際的視点」「高水準で質の高い教育」「教育と実社会との協調への配慮」「教職員のトレーニング(新任、現職員)」そして「生涯学習」に力を入れることです。

 

フィンランドの義務教育期間は日本同様9年間です。小学校に上がる前に、1年間の教育もしくは子供デーケアセンターでの教育を受ける子供が多いのですが、これは義務ではありません。義務教育の後は、3年間の高等学校、もしくは職業教育を経てその後大学へ進学します。

 

フィンランドの子供達が国際テストで高得点を取得した理由としては、国民全体が平等に高い水準の教育を受けていることや教育が全体として無料であること、生徒が近くの学校に通うケースが多いことなどが分析されています。

 

また、フィンランドで生徒を評価する場合には、「一人一人が向上する」という方針に基づいて評価するため、順番をつけて他人と比較することはしません。教職員にも高いレベルが要求されており、教員の役割は「生徒に動機づけができる」「ネットワークを創り出すことができる」「コミュニケーションづくりができる」「評価できる」といった学力以外での人間性を問われる内容となっています。

 

さらに、フィンランドでは教育にコンピューターが積極的に取り入れられていることも大きな特徴のひとつです。

生涯教育とは生涯学習のことで、その名称のとおり、生涯にわたり学習活動を続けていくことを意味します。生涯学習とは自己啓発や生活向上のために自ら進んで教育を受けることであり、自分に適した手段や方法が選べるのが特徴です。

 

生涯学習は、歴史的には、1965年にユネスコのポール・ラングランが世界で初めて提唱したものであり、当時は生涯教育と呼ばれていました。日本には、心理学者の波多野完治によってこの概念が持ち込まれています。

 

人は学校教育に限らず、会社勤務を終えて年金生活に入っても、または子育てを終えてひと段落してからでも様々な形で学び、社会に貢献することができます。また、日本では社会人が大学の社会人入試を利用し、さらなるキャリアアップをはかるケースもよく見受けられます。

 

生涯学習に積極的に参加するのは特に女性が多く、大学への社会人入学も目立ちます。また、大学では社会人入学以外にも様々な公開講座を行っています。学生以外の地域の一般人を対象とした講座を開講していることも多いのでこのような講座を受講することも生涯学習のひとつの形です。また、このような大学の教育を一般に広げて公開講座や学外講座を司る部門をエクステンションセンターと呼んでいます。

 

生涯学習を通して年輩者が生き生きと輝き、意欲的な送ることができればそれは素晴らしいことです。ドイツでは、高校生がグループホームなどに出張して脳のトレーニングなどの授業を行う「賢者のプロジェクト」も実施されています。高齢化社会において生涯教育、生涯学習のニーズがますます高まっていくでしょう。

日本では時代とともに野球やサッカー人口が増えています。子供達はスポーツを通して健康な心と身体を育成し、単に身体を動かす以上の非常に多くの事柄を学びます。

 

スポーツ心理学の世界では、スポーツの社会的な意義として「ライフスキルの獲得」を挙げています。スポーツ教育において、子供達にスポーツを楽しんでもらうことが最も重要ですが、次に重要なのは「ライフスキル」を獲得することです。

 

ライフスキルとは具体的には、「日常生活で生じるさまざまな問題や要求に対して、建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」のことです。スポーツ教育を通して、子供達は素早い意思決定、問題解決、そして創造的思考や批判的思考、効果的なコミュニケーション、対人スキル、ストレスへの対処について学びます。これらのスキルは大人になってから仕事をするうえでも大変役に立つスキルです。

 

アメリカでは、スポーツ教育をライフスキル獲得の目的と位置づけ、様々なスポーツ教育が実施されています。スポーツを通して身体だけでなく心を鍛錬し、強い精神力を養うことが目的です。また、子供の頃のスポーツ教育は基本的に集団で実施されます。一緒に汗を流した仲間との絆や勝負の悔しさ、喜びなども大変貴重な経験となるでしょう。

 

確かに、日常生活で行き詰まった時にこそ、身体を動かして汗を流すことでストレス発散になり、悩みが消えて新たな視点を持つことができることが多くあります。心と身体はつながっていることを身をもって知ることができる瞬間です。