子供たちの将来

生涯教育とは生涯学習のことで、その名称のとおり、生涯にわたり学習活動を続けていくことを意味します。生涯学習とは自己啓発や生活向上のために自ら進んで教育を受けることであり、自分に適した手段や方法が選べるのが特徴です。

 

生涯学習は、歴史的には、1965年にユネスコのポール・ラングランが世界で初めて提唱したものであり、当時は生涯教育と呼ばれていました。日本には、心理学者の波多野完治によってこの概念が持ち込まれています。

 

人は学校教育に限らず、会社勤務を終えて年金生活に入っても、または子育てを終えてひと段落してからでも様々な形で学び、社会に貢献することができます。また、日本では社会人が大学の社会人入試を利用し、さらなるキャリアアップをはかるケースもよく見受けられます。

 

生涯学習に積極的に参加するのは特に女性が多く、大学への社会人入学も目立ちます。また、大学では社会人入学以外にも様々な公開講座を行っています。学生以外の地域の一般人を対象とした講座を開講していることも多いのでこのような講座を受講することも生涯学習のひとつの形です。また、このような大学の教育を一般に広げて公開講座や学外講座を司る部門をエクステンションセンターと呼んでいます。

 

生涯学習を通して年輩者が生き生きと輝き、意欲的な送ることができればそれは素晴らしいことです。ドイツでは、高校生がグループホームなどに出張して脳のトレーニングなどの授業を行う「賢者のプロジェクト」も実施されています。高齢化社会において生涯教育、生涯学習のニーズがますます高まっていくでしょう。