子供たちの将来

コーチングが急速に注目を集めています。書店でもコーチングに関する本がたくさん並ぶようになりました。コーチングとは元来、人材開発のための技法のひとつでした。コーチとは馬車のことで、馬車が人を目的地に運ぶところから、転じて「コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」という意味で使われるようになりました。

 

コーチングとは人を育てるための方法であり、その意味では教育の同義語です。ただし、一般的に考えられている「教える」という教育方法とは異なるのがコーチングの考え方です。

 

コーチングの基本的な考え方として「モチベーションの大切さ」があります。モチベーションがなければ、学習の効果があがりません。自分から進んで学び、問題を解決できるようにコーチングしなくてはならない、というものです。
次に、「観察」です。個人の能力を伸ばしていくためには、各個人の能力や特徴をよく観察し、分析したうえでふさわしい課題を与えていくことが大切である、とされています。

 

また、コーチングを受ける生徒が、自らよく「考えて」問題を解決できるような力をつけなくてはならない、としています。つまり、「考える力」を身につけさせるのがコーチングの目的ともいえます。

 

コーチングの手法を取り入れた教育は、スポーツ界で多く取り入れられており、幼稚園や学生、会社の新入社員から管理職や役員に至るまで様々な場所でもコーチングの大切さが認識されています。